Contact Form7スパム対策!reCAPTCHAで迷惑メール対策

Contact Form7スパム対策!reCAPTCHAで迷惑メール対策

ビットコイン、Webサイト、マーケティング・・・

運営してるブログに大量の営業メールが!

オレタメ

大切なメールが探せないよ~

ハッピーナツくん

そんな時はreCAPTCHAで対策しよう!

こんなメールが届くのは非常に面倒なので

reCAPTCHAを使って対策をしたいと思います!

読みたい所をクリック

この記事の基本情報(まとめ)

この記事は、お問い合わせのスパム対策としてWordpressプラグイン「contact form7」とGoogle reCAPTCHAの設定方法を解説しています

この記事の5W1H内容
What(なんの話をするの?)Google reCAPCHAの設定・contact form7の設定・function.phpの設定
Who1(誰に対して?)迷惑メールに困ってる人
Where(どこで必要?)ホームページのお問い合わせ
When(いつ必要?)迷惑メール・スパムメールが大量に届く
Who2(誰が話すの?)迷惑メールに困ってた人
Why(なぜやるの?)迷惑メールの被害者を減らすため
how(どうやって)ブログに記載

読むと、メールボックスをチェックした時の嫌気から解放されます

reCAPTCHAとは

Contact Form7スパム対策!reCAPTCHAで迷惑メール対策

reCAPTCHAボタンっていうのはクレカ決済とかで見かけるようになった

私はロボットではありません

Google

っていう青い矢印の事です。

botの対策になります

詳しくはこちらのサイトをご参照

Contact Form7でreCAPTCHAも設定できる

ブログのお問い合わせにはWordpressプラグイン「Contact Form7」を使っています

Contact Form7の設定にあるインテグレーションの中にreCAPTCHAのセットアップが出来る項目があります

ここに必要事項を入力すると

ただ問題としては、お問い合わせだけじゃなく、全てのページに反映されてしまうそうなので

function.phpを操作しないといけないらしい

STEP① Contact Form7のお問い合わせページにreCAPTCHAも設定方法の解説

Contact Form7のお問い合わせページにreCAPTCHAを設定する順番は以下の通り

STEP
Google reCAPTCHAサイト設定

Google reCAPTCHAでサイトの登録してサイトキーとシークレットキーを取得します

STEP
Contact Form7に入手したキーを入力

サイトキーとシークレットキーの2つをコピペ

STEP
function.phpの編集

問い合わせページだけに認証画像を出したい人はSTEP3もやる

Google reCAPTCHAサイト設定

Contact Form7スパム対策!reCAPTCHAで迷惑メール対策
Google reCAPTHA設定ページ

今回はreCAPTHA v3で設定です。

reCAPTHA v2との違いは、送信者側で操作入力が無いって事かな。

必要事項を入力して送信ボタン!

Contact Form7スパム対策!reCAPTCHAで迷惑メール対策
Google reCAPTHA設定ページ

これでContact Form7に入力するための

  • サイトキー
  • シークレットキー

が手に入ります

STEP② Contact Form7に入手したキーを入力

WordPressのダッシュボードで

「お問い合わせーインテグレーションーreCAPTHA」を選択するとサイトキーとシークレットキーの入力画面が出てきます

Contact Form7スパム対策!reCAPTCHAで迷惑メール対策

ここにそれぞれのキーを入力して変更を保存

「reCAPTCHA はこのサイト上で有効化されています。」

これが出て来たらOKです

STEP③function.phpの編集

さてここで終了しても良いのですが、今のままだとお問い合わせ以外のトップページや投稿ページなど全部に出てきてしまうので

function.phpを編集してお問い合わせページにだけreCAPTHAが出るようにします

function.phpを編集するときはバックアップ等必ず保険をかけましょう!

記入するコードはこちら

function load_recaptcha_js() {
 if ( ! is_page( 'contact' ) ) {
  wp_deregister_script( 'google-recaptcha' );
 }
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'load_recaptcha_js',100 );

参考

これで解決です

まとめ

Contact Form7スパム対策!reCAPTCHAで迷惑メール対策

いかがでしたか?

今回はスパム・迷惑メール対策としてWordpressのお問い合わせプラグインContact Form7とGoogle reCAPTHAを連携させ、表示箇所を制限する方法をご紹介しました。

phpをいじるのが不安な人はプラグインを使うのも手かもしれません

自分で頑張りたい人は是非挑戦してみてください!

慣れない事は人に任せた方がコスパが良い

自分で頑張りたいという熱心なあなたを止めません。

他人に作業をお願いするとどうしても費用が掛かってしまいます。

でもあなたの人生を時給で考えてみてください

あなたが普段2000円で仕事をしていて、慣れないWebの設定に半日時間を使うだけでも

少なく見積もって1万円以上の作業を得る機会を失ったという事になります

だったら外注してしまって、自分が得意な仕事にコミットした方が最終的なコスパが良くなります。

人はお金にはシビアですが、時間に対する感覚はおおざっぱです。

もしあなたが、自分のやりたい事に打ち込みたいなら、

是非作業は出来る人におまかせください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

表現を仕事にする個人事業主です。「仕事・お金・表現」などの情報+自分の経験をあなたのためになる様に変換して発信しています。
詳しいプロフィール
「サワムーのプロフィール」

コメント

コメントする

読みたい所をクリック
閉じる