自己分析におすすめ!転職2.0のタグ付けをやって見た

こんにちは!オレタメ(@oretame1988)です

先日中田敦彦のYoutube大学の「転職2.0」という回が面白かったので

オレタメも自己啓発を兼ねて

自分の能力をタグ付けしてみました。

今回はその内容をシェアします。

読みたい所をクリック

この記事の基本情報(まとめ)

この記事は、「転職2.0」に書かれているタグ付けを紹介して実際にやって見たお話です

この記事の5W1H内容
What(なんの話をするの?)転職「2.0」のタグ付け
Who1(誰に対して?)転職を考えている人、自分の能力を知りたい人
Where(どこで必要?)転職、
When(いつ必要?)自分の向いている仕事を探す時
Who2(誰が話すの?)実際に「転職2.0」のタグ付けをやって見た人
Why(なぜやるの?)自分のアウトプットのため
how(どうやって)ブログに記載

読むと、あなたが自己分析する時のやり方の参考になります。

キッカケとなった動画

今回「転職2.0」をやるにあたってきっかけとなった動画がこちら

中田敦彦のYoutube大学

こちらは前半後半ありまして、

前半はホワイトボードの左側部分

後半はホワイトボードの右側の部分

今回はホワイトボード左下のタグ付け部分をやります。

中田敦彦のYoutube大学

本の紹介

今回の元々の元ネタ「転職2.0」は2021年にSBクリエイティブから出版された村上臣(むらかみしん)さんの書籍です。

現在は終身雇用からジョブ型雇用に代わったり、転職も違う会社に行きたいという目的ではなく、

輝きたい自分になるために行う手段に変わった。

そこで必要なのは、

能力と仕事をマッチングさせてより良い仕事に就く事が現在の転職の考え方だ!

というメンタルとマッチングのためのハウツーが書かれた本です。

「転職2.0」の作者:村上臣さんについて

大学在学中に仲間とともに有限会社「電脳隊」を設立。その後統合したピー・アイ・エムとヤフーの合併に伴い、2000年8月にヤフーに入社。一度退職した後、2012年4月からヤフーの執行役員兼CMOとして、モバイル事業の企画戦略を担当。2017年11月にLinkedInの日本代表に就任。複数のスタートアップの戦略・技術顧問を務めている。

Linked in

転職に向けた活動として大切な「タグ付け」

ここではオレタメのタグ付けを紹介する前に

そもそもなぜタグ付けをする必要があるのか?

について説明します。

タグ付けが必要な理由はこちら

自分の能力をタグ付けする理由
  • 自分の強みを理解するため
  • 自分の情報を発信し、相手に見つけてもらうため
  • 自分の希少価値を高めるため

この3つが「転職2.0」で言われているタグ付けする理由です。

自分の強みを理解するため

自分が出来る事や経験を相手に分かりやすく#ハッシュタグで付ける事によって

自分が客観的にどのくらいのコンテンツを持ってるかを理解することが出来ます。

自分の情報を発信し、相手に見つけてもらう

SNSがある今は昔と違って向こう(雇う側)からあなたを見つけてもらう事ができる様になりました。

それによって、自分から相手に申し込むほかに相手からも仕事のオファーが来るため、

転職の機会を効率化できます。

自分の希少価値を高めるため

自分の強みや出来る事が分かれば、それらを組み合わせて自分だけの特殊なポジションを取る事ができます。

それが仕事や転職をする上での立ち位置として競合の少ない価値を高める事ができます。

自分の能力を知るためのタグ付け5ジャンル

自分の能力を知るためにタグ付けをするのですが、

ただ、タグ付けを羅列するわけではなく、

「転職2.0」5つのジャンルにタグを分ける事が説明されています。

自分の能力を知るためのタグの5つのジャンル
  1. ポジション(会社でやっていた事、していた仕事)
  2. スキル(資格・できる事)
  3. 業種(どの業界でやっていたか)
  4. 経験(自分がやったことある事)
  5. 強み=コンピテンシー:(リーダーシップ、コミュニケーション能力)

このコンピテンシーというのが分かりにくい所ですが、まとめると

ハイパフォーマンスな人に共通する行動原理

という事らしいです。

実践:オレタメのタグを洗い出してみる

転職2.0のタグ付けをやって見た

さて、という事で今回はオレタメ自身についてタグ付けを行います。

今回はとりあえずという事で片っ端からタグをつけていきます。

自分の能力を知るタグ①ポジション

オレタメが会社に勤めていた時にやっていた業務等は以下の通り

オレタメのポジション
  • 事務職
  • 経理
  • 社務労務
  • パフォーマンス業
  • キャスティング業
  • マネージャー業
  • 実演販売
  • 測量士補
  • 運転手
  • ホームページ制作
  • ネットショップ経営
  • レッスン講師

自分の能力を知るタグ②スキル

オレタメのスキルタグは以下の通り

オレタメのスキル
  • 英検2級
  • 漢検2級
  • 剣道2段
  • 秘書検定3級
  • 色彩検定3級
  • 文章能力検定3級
  • 測量士補
  • 準中型自動車免許
  • 普通自動車二輪
  • ジャグリング
  • マジック
  • パントマイム
  • バルーンアート
  • 写真撮影
  • 写真編集
  • 動画編集
  • 洋裁
  • DIY
  • ウクレレ
  • ネタ作り

自分の能力を知るタグ③業種

オレタメがいた事ある業種は以下の通り

オレタメの業種
  • エンタメ業界
  • 大道芸業界
  • カメラ業界
  • 土木業界
  • イベント業界
  • ウェブ業界

自分の能力を知るタグ④経験

オレタメがいた事ある経験は以下の通り

オレタメの経験
  • 独立
  • 精神疾患
  • 発達障害
  • ADHD
  • ASD
  • 引きこもり
  • 海外旅行
  • 海外業務
  • ヨーロッパ周遊
  • クラウドファンディング
  • 路上パフォーマンス
  • 企業コラボ
  • キャラクターコラボ
  • オランダ旅行
  • ベルギー旅行
  • フランス旅行
  • イタリア旅行
  • 台湾旅行
  • 国境超え
  • オランダ空港で宿泊
  • 舞台出演
  • デッサンモデル
  • フルマラソン
  • ウルトラマラソン
  • 投資
  • コンテスト入賞
  • BtoB
  • BtoC

自分の能力を知るタグ⑤コンピテンシー

オレタメがいた事ある強みは以下の通り

オレタメの強み
  • 達成欲
  • 親密性
  • 内省
  • 戦略性
  • 責任感
  • 着想
  • 目標思考
  • 共感性
  • 収集心
  • 適応性

自分の強みに対してコンピテンシーの一覧を見ながら、

客観的に自分に当てはまっている物を探すのは大変そうだったので、

以前実践した「ストレングスファインダー」をで当てはめてみました。

抽出したタグを元に人に見てもらうための経歴書を作ると良いらしい

今回はとりあえず羅列したのですが、

この書き出したタグはあくまでも自分が思いついたもの

より客観的で確実な強みのタグを出すには

人に見てもらう事が重要だと「転職2.0」で言われています。

でも単純にこのタグの羅列を見せるだけだとよくわからない。

そのため、このタグからいくつかピックアップして

職務経歴書を作ってみてもらう事が良い事らしい。

まとめ

今回は「転職2.0」を参考に、

自分のタグを抽出してみました。

ただ抽出するだけでは意味がないです。

本当は抽出したタグを組み合わせて、

自分の時価総額を高める事が目的です。

でも、ただ自分の能力をタグ化するだけでも良い事がありました。

それは

自分は何にもない人間じゃなかった

という事、

確かに世の中は比較社会で

自分なんてダメダメだ、とメンタルがへこむことが多くあります。

でもそれでもこんなにタグを付けようと思ったら付けれるんだ、

という発見は自分のメンタルや自己肯定感を上げるには

とても良いと思います。

あなたも是非自分の強みを探してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

表現を仕事にする個人事業主です。「仕事・お金・表現」などの情報+自分の経験をあなたのためになる様に変換して発信しています。
詳しいプロフィール
「サワムーのプロフィール」

コメント

コメントする

読みたい所をクリック
閉じる