【発達障害】感覚プロファイル検査で自分の感覚特性を知ろう

脳の機能がマイノリティな発達障害に当てはまる人は

五感についてもマイノリティな傾向があるそうです。

という事で今回は

自分の感覚を知る方法として

感覚プロファイル検査についてご説明します

読みたい所をクリック

この記事の基本情報(まとめ)

この記事は、感覚プロファイル検査について紹介するコーナーです

この記事の5W1H内容
What(なんの話をするの?)感覚プロファイル検査と無料で受けられる施設について
Who1(誰に対して?)発達障害の診断または傾向があると病院で言われた人
Where(どこで必要?)自己分析で
When(いつ必要?)感覚についても知りたくなった時
Who2(誰が話すの?)感覚プロファイル検査を受けた発達障害・ADHDの人
Why(なぜやるの?)自分が色々調べた事に意味を持たせるため
how(どうやって)ブログに記載

読むと、感覚プロファイル検査を調べる手間が省けます

この記事を書くキッカケ

オレタメは発達障害の検査で通院して、

自分がADHDがある事を知ったわけですが、

色々とネットサーフィンをすることによって

発達障害の人は考え方だけでなく五感も人と違う

という事を知りました。

発達障害は脳みその機能が人と違う事によるズレで社会生活が困難な障害

脳みその機能が違うなら

視覚や聴覚からの刺激を変換する脳みその機能も

他人と違うよね。という

オレタメ

言われてみれば確かに!

という情報を知りました

具体的な人との感覚の違いとしては

周りと感覚が違う具体例
  • 気が付いたらケガしてる(痛みに鈍感)
  • 外食してると雑音でストレスがたまる(聴覚が敏感)
  • カラフルな所にいると疲れる(視覚過敏)

といった物があるそうです。

脳みそがマイノリティだと

身体が受け取る刺激の捉え方もマイノリティになる様です

感覚プロファイルとは

発達障害ADHDの感覚特性を知る感覚プロファイル検査

それらの感覚について自分が統計上過敏なのか、鈍いのかを知る方法として感覚プロファイルというものがあります。

感覚プロファイルは自閉スペクトラム症を中心とする発達障害の人たちの感覚特性を客観的に把握するために欧米ではよく使われている尺度

日本文化科学社

発達障害のスクリーニング検査と同様

味覚嗅覚・動き・視覚・触覚・活動レベル・聴覚の各項目に対して

複数の質問があり、それに対して

  • ほとんどしない
  • まれに
  • 時々
  • しばしば
  • ほとんどいつも

といった段階でチェックを付けていくことで

その人の4つの感覚特性

感覚特性4種類
  • 低登録
  • 感覚過敏
  • 感覚探究
  • 感覚回避

のどれが強くてどれが弱いのかが分かります

それぞれの感覚特性

ここではそれぞれの感覚特性について説明していきたいと思います。

感覚特性4種類
  • 低登録
  • 感覚過敏
  • 感覚探究
  • 感覚回避

について簡単に説明します

今回参考にしたサイトはLITALICOです

低登録

低登録の特性が高いと強い刺激に対する反応が鈍い傾向があります。

知らない間にケガしてる(ケガするほどのダメージを体が感じていない)

みたいな人がこれにあたります

感覚探究

感覚探究の特性が高いと強い刺激を求める傾向があります。

絶叫マシンや爆音ライブ、辛い物が好きとかがそうです

こういう例えだと、そんな人沢山いるじゃん?みたいな印象ですが

その中でも常軌を逸しているタイプがこれですね

感覚過敏

感覚過敏の特性が高いと弱い刺激にも反応してしまう傾向があります。

他の人が気にしない様な音が気になってしまう

例えば他の人は気にしてないけど、

授業中に隣のクラスの授業の声が聞こえてきて気になってしまう

とかが主な特性です

感覚回避

感覚回避が高いと感覚過敏などを理由に生活上刺激を避ける行動を取りがちになる傾向があります

よっぽどの事がない限り標準になる

この感覚プロファイルは結果として診察者の4つの感覚特性のそれぞれの状態に分類されます

感覚プロファイル検査の評価
  • ーー(非常に低い)
  • ー(低い)
  • =(標準)
  • +(高い)
  • ++(非常に高い)

検査員の人に言われたこととしては

感覚プロファイル検査は膨大な人間の数を用いて作られている統計データなので

よっぽどの事がない限りほとんどの人は「=」に位置して

それ以外になった時点でかなり人と違う感覚があるとのことです

感覚プロファイルを無料で受けられるところ

自分の感覚特性が分かる感覚プロファイル

発達障害が気になる人は受けてみたいって思いませんか?

でもさ、こんなの沢山受けて来たらキリがないですよね

通院もお金かかるし、薬も高いし

あれが良いかもこれが良いかもと手あたり次第受けていたら

お金がかかって仕方がない

そして私を含めADHDの人たちは衝動的に行動します

それってつまり

発達障害ビジネスのカモになりやすいってことですよね

脳みその根本から

という事で出来るだけお金を使わずに自分の感覚を知るために

無料でやってくれる場所を紹介します

※今回は東京でやっている所のみの紹介です

他の都道府県の人ごめんなさい

無料で感覚プロファイルをしてくれる所|カレント

東京にある障害者就労移行支援事業をしているカレントでは

就労支援を検討中の「発達障害者」を対象に

無料で感覚プロファイルを実施してくれます

検査の質問項目は完全版と短縮版の中間くらいの量で

大体60分~90分、事前予約制です

興味のある人はカレントのお問い合わせフォームから連絡してみましょう

まとめ:自分の感覚を知る事で日常の悩みを解消しよう

感覚プロファイル検査まとめ

発達障害の人向けに

自分の感覚特性を知るためのテスト

感覚プロファイルについてご紹介しました

自分の感覚が分かれば正しい対策を取る事ができます

サングラスをかけたり耳栓をしたり

少し環境を変えると日々のストレスが劇的に解消される場合もあります。

気になる人は受けてみても良いかもしれません!

最後まで読んでくれてありがとうございます

オレタメでした

発達障害の本の中で一番しっくり来た本と共感した本

発達障害が気になる人はネットだけでなく

とりあえず片っ端から情報を得ようとするんじゃないでしょうか?

僕は病院に行く前、大量にネットで検索をかけてセルフチェックをしたし

本を探しました

その中で今回僕にとってしっくり来た本を紹介します

発達障害工夫次第支援しだい|しーた

この本の中に「診断名は免罪符ではない」っていう項目が合って

筆者が「障害者だからって甘えるなよ」って言われるイラストが描かれてます

ちなみに僕は親に「人より言葉の捉え方が強いから命令口調でしゃべらないでほしい」と障害をカミングアウトした時に

「障害を言い訳にしている甘えだ」的な事を言われて

オレタメ

本に書いてあった通りだ

って共感できた本


自閉症の僕が飛び跳ねる理由|東田直樹

これはハウツーとかではなく、筆者がなぜそういうこと(周りからしたら変な事)をするのか?

について書いてある本です

単純に

オレタメ

全く同じ思考回路だ

っていう所で感動した本です

元々のは廃盤してるっぽいのですが、角川文庫でリメイクされているみたいです

参考にしたサイト

今回の記事のタメに参考にしたサイトはこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

表現を仕事にする個人事業主です。「仕事・お金・表現」などの情報+自分の経験をあなたのためになる様に変換して発信しています。
詳しいプロフィール
「サワムーのプロフィール」

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

読みたい所をクリック
閉じる