西野亮廣エンタメ研究所Voicy要約まとめ2021年7月下半期

「アメリカで「ジョンソン&ジョンソン」のワクチンを打った結果…」2021年7月16日

海外の現状(アメリカ)はマスクを着用していない人が多い。でも場所によっては非常に厳しい場合もある状況。ワクチンはサクっと打てる。副反応が気になるが、副反応が起きるかもしれない可能性よりもワクチンを打たない事で確実に制限される行動範囲の方が気になる。辛坊治郎さんが統計データからワクチンを打っても打たなくても3ヶ月で30万人死ぬと言っていた。でもメディアはワクチンで死んだと言った方が視聴率が取れるならワクチンで死んだと報道される。

「お客さんが求めていない品質を追及してしまう病」2021年7月17日

品質を追求することは良い事だか、どこかでお客さんに必要のない「これ以上は自己満足」のラインがある。品質の向上はお客さんの問題を解決するまでは正義だが、それ以上に入ると自己満足になる。そして品質向上だけに目を向けると競合と同じような形になっている。どうすれば自己満足をしていると理解出来るかというと、違う環境に身を置く事。違う人と会う事で初めて自分の製品の「良い所」と「悪い所」が見えてくる

https://voicy.jp/channel/941/179384

「創造の初期費用」2021年7月18日

2021年7月12日オンラインサロン記事内容

商品の購入の決め手は、内容・宣伝・タイミングが必要。タイミングを確保するためには24時間常に売る必要がある。資金をプラスにするには販売期間が長い方が良い。公演を例に出すと、オンラインチケットを買うタイミングはオフラインチケットが変えなかった時。それだと販売期間が短くなるので、オフラインを検討している人もオンラインを買ってもらえる商品にする必要がある。この公演は最終的に西野亮廣がいなくても回せる状態にする必要があるが、今は西野の影響力を非常に使っている。プペルの公演は日本上演後アメリカに売り込みに行く。アメリカ公演は予算上最初は低迷するだろうが、その際に名刺となる日本公演の完成品の素材があれば成功に近づく。だから、今回は西野の影響力を初期費用投資としてフル稼働させている

品質を追求することは良い事だか、どこかでお客さんに必要のない「これ以上は自己満足」のラインがある。品質の向上はお客さんの問題を解決するまでは正義だが、それ以上に入ると自己満足になる。そして品質向上だけに目を向けると競合と同じような形になっている。どうすれば自己満足をしていると理解出来るかというと、違う環境に身を置く事。違う人と会う事で初めて自分の製品の「良い所」と「悪い所」が見えてくる

「ライブ配信者の異なる動機」2021年7月19日

Voicyのライブ配信機能を使ってみた。視聴者のコメントを配信者が公開選択できる仕様は優しさを感じた。これによって配信者がコメントに流されて時間を支配できない問題が解決できる。でも配信者の中にはコメントによって時間を奪われたいという動機の人もいる。また、お客がコメントを把握できないと、どんなコメントが無視されるのかを学習できないので、ハズレコメントばかり届くようになる可能性もある。これはコメント機能を全部公開するかピックアップした物だけを公開するか、どっちを取るかという事になる。

「ここらで一旦Twitterをやめてみてはいかがですか?」2021年7月20日

SNSは依存するように徹底的に設計されている。SNSは感動や共感に対して「いいね」がもらえる。感動を届ける事は難しいく、共有を取る方が「いいね」が稼げる。その中で最も難易度が低いのは人がムカつく事にムカつくとつぶやく事。SNSに依存している人は、いいねを求めるために、人がイライラしていることに自分からアクセスしてつぶやいて自分のクリエイティブが無くなる。これは依存症の症状なのでほどほどにした方が良い。

「「音声メディアの拡がり」を感じる数字の変化」2021年7月21日

最近、Voicyの再生回数の変動が起こるようになってきた。またチャンネル登録者も急激に増えてきた。ここから、視聴者がアーリーアダプタからマジョリティ層に写ってきた。ここで注意しなくちゃいけないのは、マジョリティ層に聞き入れられやすい話にすると、他の人と変わらない内容になってしまうので気を付けなくてはいけない。

「簡単には帰れない!『コロナ禍の帰国』の今!」2021年7月22日

海外から日本に帰国したが、一般人に対する検査はかなり厳しかったというのが体験した感想。帰国後の空港に5時間以上滞在したし、PCR検査も3回受けた。スマホアプリを導入しないといけないし、誓約書や健康カードなどの書類も必要、渡航先によっては自宅待機だけでなく、ホテルの滞在も強いられる。少なくとも一般の帰国者に対して行われる検査は大変だった。

「【メディアに煽られないで!】『ホテル隔離』のホントのところ」2021年7月23日

ホテルでの隔離では「冷えた弁当が出る」とメディアで伝えられているが実際も冷えた弁当が出る。飲酒の禁止は、政治家の私的な見解のイメージだが、しっかりとした禁止の根拠がある。メディアでは改善は報道されないが、現場ではちゃんとできる所から少しずつ報道された内容から改善が進んでいる。だから、現場をそんなに責めないで。

「『時代遅れ』になる人の特徴」2021年7月24日

「時代遅れ」というのはそもそもみんなが知ってる事を知らないという事。知っているけどやらないというのは読解力の問題。やらない人は、聞けないではなく、聞きたくないという事で、違うやり方の提示を否定と捉える。西野亮廣は理屈が通っているかどうかが問題で、自分のやり方と違う方法が出てきてもやってみるが、世の中はそうじゃない人が沢山いる。

「東京五輪の開会式の「変なウソ」」2021年7月25日

日曜日の質問コーナー
会社員はやりたい事に仕事を寄せていくべきか?

今すぐやるべき、会社員は時間がある。良いパートナーと出会うには自分が時間を使う必要がある

キンコン西野が東京オリンピックの開会式の総指揮なら?

クリエイターの公表はオリンピックが終わってからにする。クリエイターの過去を漁りその役職から引きずり下ろす流れは、日本で伝統芸能化している。総指揮がやる事はクリエイターが能力を発揮できる環境を整えてあげる事とみんなの代わりに怒られることが仕事

流しそうめんの企画が前に進まない理由

その流しそうめんの企画には質問者が写真を撮って営利活動に利用したいという下心がある。参加者に取り分が無い。もし参加者の取り分を設計できないなら、正直に、取り分がない事と下心がある事を伝えた方が良い。

「「メディアを渡り歩くスキル」が求められている」2021年7月26日

あるサロンメンバー(運転が仕事)が、voicyは仕事の運転中に聞いてサロン記事は休憩中に聞いている。つまりこのお客さんに寄り添うなら、サロン記事も音声メディアにした方が良い。このように、人によってテキストで見たいか音声で聞きたいかは違う。という事で試しにやって見たが、書き言葉を読み言葉に直すのは慣れていなくて大変だった。音声メディアもテキストメディアも言語だから、伝える人に伝わりやすい言語を使えるバイリンガルであった方が良い

「なぜ 劇団ひとりの「ウンコ事件」は問題にならないのか?」2021年7月27日

前に進むためにはインセンティブ(取り分)を見直す必要がある。五輪の開会式のクリエイターが事前に公表された関係で開会式直前に辞任解任に追い込まれたが、当日サプライズで登場したキャストやクリエイターの身体検査はその後行われていない。理由は、今さらアンチが叩いてもアンチにインセンティブが無いからだ。だから、今後何かを進めるには「アンチのインセンティブ設計」をしっかりしておく必要がある。

「「タイムマシン経営」の落とし穴」2021年7月28日

海外で成功したビジネスモデルを日本で持ち込んで展開する「タイムマシン経営」には落とし穴がある。一つは海外で仕入れて日本でウケる物を海外に発信したら上手くいかない。2つ目はインターネットで世界がつながったことで、情報格差や時差は以前ほど利用できないという点。3つ目は土壌の問題、中国やインドで流行っている事を日本に持ち込んでも人口や、平均年齢が違うからそのまま転用しても失敗する可能性が高い。こういう場合は、国で流行っている物より、その地域、その村だけで流行っている手法を取り入れた方が良い

「前に進む気がないコミュニティーからは、今すぐ逃げろ」2021年7月29日

アイディアを出すためには知識が必要。知識をもたらすのは自分の努力とコミュニティ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

表現を仕事にする個人事業主です。「仕事・お金・表現」などの情報+自分の経験をあなたのためになる様に変換して発信しています。
詳しいプロフィール
「サワムーのプロフィール」

コメント

コメントする

読みたい所をクリック
閉じる