【失敗談】パントマイムでギフトビジネスサービスを産み出そうとした話

今回は2020年に私が失敗した挑戦ついてお話します

それはパントマイムで誰かにエールを送る」という

ギフトを作ろうとした取り組みです

読みたい所をクリック

この記事の基本情報(まとめ)

この記事は、ギフトビジネスの真似事をしたけど上手く継続できなかった失敗談です

この記事の5W1H内容
What(なんの話をするの?)ギフトビジネスとパントマイムを絡めようとした話
Who1(誰に対して?)創作活動をしている方
Where(どこで必要?)稽古
When(いつ必要?)新しい作品を生み出すとき
Who2(誰が話すの?)8年以上表現の世界にしがみついてる人
Why(なぜやるの?)読んでくれた人の考える機会を増やすため
how(どうやって)ブログに記載

読むと、ギフトビジネスでどんな失敗をしたのか分かります。

なぜやろうとしたか

当時、Voicyで西野亮廣エンタメ研究所のラジオを毎日のように聞いていて

その中で「池田ハッピーバースデー」さんという声楽家が

誕生日ソングを歌うギフトサービスをやっている、

という話を聞きました

これを見た瞬間私は

オレタメ

パクろう!

と思い、身体が動きました

僕はパントマイムを仕事にしているけど

パントマイムを続けるために

パントマイムを使った別のサービスや価値を

作り出さないといけない

そう考えているからです

そして出来上がった作品

でも、何をギフトする?

パントマイムでギフト出来る物ってなんだ?

カベのパントマイムに効果音付けたら

三々七拍子っぽくなるな

じゃあ応援ギフトにしよう!

という事で出来た作品がこちら

名付けて「パントマイムdeエール

結果は見事に続かなかったorz

元ネタと比較して失敗した問題点を考える

なぜ池田ハッピーバースデーさんのギフトは

とても素晴らしいと思ってマネしたのに

自分のコンテンツは上手くいかなかったのか?

その理由を僕は3つまとめました

パントマイム応援ギフトが失敗した理由①分かりやすさが無い

池田ハッピーバースデーさんのネタは「誕生日おめでとう」

非常にわかりやすい

説明なんて必要ありませんね

全ての理由が「誕生日だから」で解決できます

分かりやすい

それに比べてエール(応援)は情報が必要です

エールに必要な情報
  • 応援されることは何?
  • 何で応援される必要があるの?
  • 回りに共感してもらう(一緒に応援してもらう)ための情報

エールを送るためにはこれだけの情報を共有しないと

周りからの共感や感動が得られません

我武者羅応援団さんとかそうですよね

エールを送るのに30分以上の事前説明が入ったりしてます

これをTwitterや他のSNSツールで

2分以内で本人以外の閲覧者から共感を得るのは

あまりにもハードモードでした

パントマイム応援ギフトが失敗した理由②ギフトする人探しが大変

【失敗談】パントマイムでギフトビジネスサービスを産み出そうとした話

サービスのサンプリングとしては

有名人に勝手にエールを送るのが良いわけですが、

エールを送る人を探すのは難しかった

さっきも言ったように

エールをするには

何でエールをするのか?何でエールが必要なのか?などの

情報を調べていく必要があります

となってくると人間が限られてきます

それに比べて「誕生日を祝う」は

その日誕生日の人を祝えばいいので、

特定の縛りもありません

エールを送る人を探すよりも

比較的探しやすいです

パントマイム応援ギフトが失敗した理由③「おめでとう」の方が嬉しい

【失敗談】パントマイムでギフトビジネスサービスを産み出そうとした話

誕生日おめでとうは

言われて嫌な人はほとんどいないと思います

どんな人から言われても

そんなに悪い気はしない

一方、エールは人を選びます

なぜおまえに応援される必要があるの?

とかコンテンツを作りながら

ずっと自問自答してました

頑張れって言われることは

本当にうれしいのか?

そこで痛感したのは

頑張れより

おめでとう・ありがとうの方が

そんなこと気にせず言われるだけで

幸せになれるな、という事

まとめ:完全に丸パクリしなかった事が最大の原因

【失敗談】パントマイムでギフトビジネスサービスを産み出そうとした話

池田ハッピーバースデーさんのお誕生日ギフトサービスをマネしようと

サワムーは応援ギフトサービスを作ってみたのですが

お誕生日ギフトという、ギフトサービスのジャンルのまま

挑戦すれば、もっと光明があったのでは?と感じます

残念ながら私にはサービスの本質を見極める力が足りていなかったんでしょうね

皆さんも何か人のマネをしてみる時は

マネする事の本質を探してみてください

人は意外に表面だけをトレースしがちです

以上、サワムーの失敗談からのアドバイスでした

記事が面白かったりタメになったらぜひシェアお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます

オレタメのサワムーでした

行動するのが苦手な人におすすめの本

私が色んな話をするとよく言われるのが

行動力があるね、運がいい、才能がある、チャンスに恵まれている、

みんな、自分はそうじゃないという風な口ぶりです

違います。私がそう見えるのは単純にアクションを起こした回数が人より多いだけです

見切り発車な事も多々あります。失敗の数も人よりとても多いです

でもチャンスは行動量に比例します

もし、あなたが見切り発車や行動を起こす事に苦手を感じているなら

行動を後押ししてくれる本をご紹介します。

行動するだけで人は変われます

値段も高くないので読んだことない人はぜひ読みましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

表現を仕事にする個人事業主です。「仕事・お金・表現」などの情報+自分の経験をあなたのためになる様に変換して発信しています。
詳しいプロフィール
「サワムーのプロフィール」

コメント

コメントする

読みたい所をクリック
閉じる