【SWELL】制限エリアブロックの使い道を考える

こんにちは!オレタメ(@oretame1988)です

このブログ【オレタメ】で使っているWordpress有料テーマ「SWELL」を使っています。

SWELLには様々な専用ブロックがあります。

今回はその中にある「制限エリア」について使い方を考ええてみたいと思います。

\ このサイトも使っているWPテーマ【SWELL】/

WordpressテーマSWELL
読みたい所をクリック

制限エリアブロックについて

SWELL専用ブロック【制限エリア】

制限エリアは2021年9月のアップデートで

SWELL専用ブロックに追加された新しいブロックです。

制限エリアブロックで出来る事は以下の通り

SWELL制限エリアブロックで出来る事

ブロック内に入力されている項目について

  • ログインによる表示非表示を指定できるようになります
  • 特定の期間のみでの表示できるようになります

それでは詳しく説明していきたいと思います。

ログインによる表示非表示の指定

SWELL専用ブロック【制限エリア】

SWELL専用ブロック制限エリアのログイン状態で制限することが可能です

ログインユーザーのラジオボタンを設定すれば

  • 管理者
  • 編集者
  • 投稿者
  • 寄稿者
  • 購読者

のどのユーザーに表示させるかが分かります。

ちなみにオレタメは投稿者と寄稿者の違いが分かっていません。

特定の期間のみ表示できるようにする

SWELL専用ブロック【制限エリア】

SWELL専用ブロック制限エリアの「表示期間を制限する」をONにすることで

表示期間を制限することが可能です

開始から終了までを設定できるので、

未来の公開期間も設定できるのが良い事ですよね

SWELL専用ブロック制限エリアの使い道を考える

さて制限エリアの概要を説明したので

ここからが本題

制限エリアブロックのブログの使い道を考えてみたいと思います。

参考にしたのはこちらのサイト

考えられる使い道は4つ

制限エリアの使い道
  1. 管理者に広告を表示させない
  2. 編集メモを残す
  3. 期間限定の文書告知
  4. 有料コンテンツの表示

それでは詳しく解説していきます

管理者に広告を表示させない

SWELLの制限エリアブロック内に広告を設置して

管理者に対して非表示にしておけば

あなたがサイトを編集したり、記事のチェックをする時に

広告が表示されません

制限エリアブロックで広告を表示させないメリットは

あなたが見た広告がカウントされなくなるという事

人に見てもらうために設置している広告なのに

自分が編集する度にカウントが増えてしまったら

集計があいまいになってしまいますよね

この問題をSWELLの制限エリアブロックを使って

予防しよう!という事です。

ちなみにコードが長けている方は、

自分が普段使っているIPで閲覧している場合

広告をカウントしないというphpコードを書き込むことも

できるっぽい

そうすればいちいちグーテンベルクのブロックで作業する必要ありませんね。

ちなみにオレタメはコードを見つけられさえすれば作業出来ます。

あまりに難しそうなWeb作業に関しては

Ikeに依頼したりしています。

編集メモを残す

オレタメ

この文章後で書き直そう

ブログ記事は完璧に仕上げてからアップするよりも

6割完成した時点でアップしてしまった方が良いらしいです。

という事で、公開したブログ記事を後々改善しようと思っている方も

居られると思います。

その場合、SWELL制限エリアブロックを使って編集権限のある人だけに

改善用のメモを表示するようにしておけば

後々の作業が行いやすくなります

期間限定の文や告知

アフィリエイトブログをやっている方だと

期間限定のセール情報をその日に更新して、終了と同時にセール情報を消すのは大変ですね

そんな時にSWELL制限エリアブロックを用いて

事前に表示期間を設定したブロックを作ってしまえば

期間中に勝手に表示されて日にちが経てば非表示になります

消し忘れが防げるという意味で大変便利ですね。

コーポレートサイトなどでも、

暑中見舞いや新年のあいさつなど、

期間限定で表示させる文言がある場合は

制限エリアブロックを利用すると便利ですね

有料コンテンツ

会員限定の閲覧コンテンツ等を作る場合

オンラインサロン系プラグインを利用する必要がありましたが、

制限エリアブロックを使えば

プラグイン不要で会員限定の記事を作成できますね。

お金の支払い窓口の問題もありますが、

例えば、

1ヶ月記事を公開する権利

を販売するのも面白い手なのかもしれません。

まとめ

今回はWordpress有料テーマ「SWELL」にある

制限エリアブロックの説明と使い方についてシェアしました。

制限エリアブロックは前々から存在していたブロックではなく

2021年9月に新しく追加されたSWELL専用ブロックとなっています。

SWELLは比較的アップデートの頻度も高いため、

今後も色々便利な機能が追加されるんじゃないかとワクワクしています。

SWELLを使っているあなたは是非専用のブロックを色々試して

自分らしいサイトを作っていきましょう。

また、他のテーマを使っている人やこれからブログを始める人は

是非「SWELL」を使ってみてはいかがでしょうか

グーテンベルクに完全対応してて非常に使いやすいテーマになっています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

オレタメでした!

自分でやるのは大変な方はプロに任せよう!

今なら「オレタメを見た」5%割引してくれます!

ホームページ製作ならIke

今日紹介したプラグインの導入設定を始め、

サイト制作やデザイン編集など自分ですべてをこなすのは大変ですよね!

慣れない事に時間をかけて頑張るよりも、

出来ない事はプロに任せて自分自身はブログの記事作成や仕事をこなす

コスパで考えたらゼッタイこれが正解です。

今回はあなたのWeb関係の相談の依頼先として

オレタメはIke(アイク)を紹介させていただきます!

紹介理由は

知ってる人間だからこそ自信をもって紹介できる!

直接会って話したり仕事を一緒にしてるので

安心して頼める存在です。

そしてオレタメのためだけに

普段の請負料から5%割引で仕事をしてくれるらしい

優しいぜ!

という事でWeb関連でのお悩み事は是非Ikeまでお問い合わせください

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

表現を仕事にする個人事業主です。「仕事・お金・表現」などの情報+自分の経験をあなたのためになる様に変換して発信しています。
詳しいプロフィール
「サワムーのプロフィール」

コメント

コメントする

読みたい所をクリック
閉じる